根幹設定『荒廃世界の環境』

 天変地異とも呼べる災害により、大陸は形を変え、災害を機に発生している「妖魔」と飛ばれるモンスターによって人類の生活圏は大きく狭まれました。通常の火器兵器は悉くが無力である中、人類は妖魔の発生と同じく発現した『魔術』でもって対抗しました。

 災害から40年経った今では、大都市が『結界』で生活圏を維持しています。主に結界は宗教施設や魔術結社といった組織が構築して社会を護っていますが、力の弱い組織や物資の乏しい土地では生きるのもやっとな状況です。

 詳しくは世界観詳細と日常生活についてを参照して下さい。

❖魔術とは

 魔術とは一般的に人々の意思で超常的な現象を起こすことの総称又は文化です。要約すると「目に見えない、科学でも証明されない力を使うこと」といえます。そして、リアル魔術TRPG荒廃のマギカにおいては「一旦、魔術や妖怪・魔物などオカルトの存在を否定」しています。

 目に見えない、理解できない、感じ取れないものは存在しないと同義。魔術とはただの1つの文化でしかないと定義しています。しかし災害を機に魔術は現象として発現し始め、徐々に『世界の常識』へとなりました。

 

●レゾン

 これら魔術を使うには精気を扱う素養の他、強い思いが重要となります。

 荒廃のマギカ世界では哲学用語に準えてこれを『レゾン』と呼称しています。これは哲学者サルトルが提唱した『存在理由(レゾンデートル)』が基となっています。

 自身の存在理由を明確に認識した時、他者の存在理由を解した時。それらを胸に秘め示し続ける限り、魔術師に真の「死」が訪れることはないでしょう。

 逆境から這い上がろうとする想い、他者をいたわる心、荒廃した世界を生き抜く執念――それら想いの強さが『魔術』です。

 

 ●種族について

 魔術師とは別に、荒廃のマギカでは種族と呼ばれる者達がいます。

 種族は現在確認されているだけで「吸血鬼」「亜人」「機械人形」がいます。

 いずれも元はただの人間や人形でした。しかし災害を機に龍脈がもつ強い霊気によって体組織が変化したり、魂を持ちました。

 その発生原因から彼らを『妖魔』と同一視する人々もいます。

 彼らは一般的に迫害の的とされていますが、魔術師の中には優秀な素質を持った者達として歓迎する者もいるようです。

 詳しくは各魔術系統のスキル表ページをご覧ください。