魂階について

 魂階とは魂の階梯(位)のこと。PCは通常和御魂と呼ばれる魂が安定した状態にあります。

 PCは魂階と呼ばれるカウンターをセッション開始時に1つ所持していますただし魔術スキルで開始時に2つ以上所持する事は可能です。又、後述する『レゾン』に沿ったRPを行うことでセッション中に魂階を増やす可能です。

 魂階は消費することで通常の術よりも強力な術を行使したり、瀕死状態からの復活が可能です。魂階は0以下にならず、0になってもペナルティ等はありません。

レゾンについて

 レゾンとは哲学者サルトルが提唱した『レゾンデートル』と呼ばれる概念を基にしています。存在理由、存在価値という意味合いです。

 サルトルは人間が生きる上で自身の存在理由を見定めて生きる必要があるとしています。

 荒廃のマギカでは思想が力となります。人を護りたい、救いたい、敵を倒したい。そうした決意を示すことで魂を昇華し、生きる力とします。レゾンの内容についてはキャラメイクのレゾン一覧をご覧ください。

 実際のセッションでは一覧からレゾンを1つ選択。下記2通りのRPをすることでセッション中各1回ずつ魂階を2つ取得できます。

・『自身のレゾンを表す言動を行う』

・『他者のレゾンに対する言動を行う』

 又、魔術スキルで上限が増えていない場合は基本的にPCの魂階上限は5つとなります。

 

 :自身のレゾンを『正義』に選択。仲間のPCのレゾンが『悪徳』だった場合。

 困っているNPCがいる場合、そのNPCを労わる言動を行うことで自身は魂階を2つ取得。仲間PCがNPCを邪険に扱った場合、それに対して窘めるRPを行うことで魂階を2つ取得できる。