●世界観背景

 西洋を中心とした民間呪術の総称です。野草による生薬、ジュエリーマジックなどが特徴です。

 災害後はその特性から医療の現場で活用されています。災害により医療機器の多くが失われてしまいました。

 設備が不足し、オカルト関連の疾患も出てくる中それらを補ってあまりある技術として利用されています。

 荒廃のマギカ内においても民間に寄り添った姿勢から多くの信者がいる。実践しやすく、効能見えやすいまじないは特に人気がある。又、その生薬技術を始めとして荒廃した世界における医療面の復興に尽力している。なお魔女宗と云われているが女性だけでなく男性の魔女も多く存在している。怪しげな魔術を使う者をまとめて「魔女」と呼称する。


◎史実・文献補足
●魔女宗(ウィッチクラフト)

  原始呪術やまじない、ハーブを用いた生薬などの総括。西欧に伝わる土着文化の色が強く、オイル(香油)を持ちいた魔術やキャンドルを使用した儀式などがある。現代まで続くオカルトのイメージを印象付けているとされる。現代ではウィッカと言い、再び着目されている。怪しい魔術的儀式だけでなく、オイルやキャンドルにおいてはその香りによるリラックス効果、ハーブを用いた薬など科学的な効能も見直されている。又、守り石といった鉱石に纏わるまじないといったものもウィッチクラフトに分類されるといえる。

 過去西洋で行われていた魔女狩りに代表されるように、魔女は悪しきものとして多くの人々が処刑された。媚薬を用いた儀式なども行われていたためとされるが、それを同じく民間に即して治療を施す薬師の役割もあったとされる。紆余曲折を経て現代まで強く信奉されている宗教・魔術の1つといえる。

 


●関連NPC

『呪術医』セダ・チャンドラ(ウィッチクラフト)

『路地裏の貴婦人』シンシア・アントワーヌ(ウィッチクラフト/密教/ケイオスマジック)

 

❖初期取得オススメスキル

・アネモネ:味方全体を回復すると共に加護も上昇させるスキル。

 

・アッシュ:回復スキルの回復量を増加することができる。

 

・魔女の飛び軟膏:探索場所など、その場にPCがいない状況であっても判定を行えるようになる。