●世界観背景

 日本平安時代に栄えていた呪術です。道教、密教、神道等の儀式を取り入れて発展した複合呪術であり、学問としても学ばれていました。
 災害後の主な役割としては占術による政の補佐、日本に不法渡来した魔術師の摘発等官僚と警察を足した公務員的な立ち位置です。

 一般人からは陰陽師を志す者もいる反面、お高く止まったお役人との印象も受けています。


●関連NPC

陰陽頭・土御門伊佐奈(陰陽道/密教)