●世界観背景

 18世紀から19世紀にかけてヨーロッパで作られた自動人形をオートマタと呼びます。当TRPG内ではより広義的に、ビスクドールやからくり人形、近代機械などが魂を宿して自律しているものを総括して呼称しています。

 吸血鬼などとはやや異なり、災害後に龍脈の影響を受けて『魂』を持った人形たちをこう呼んでいます。彼らは人間と同じように自律しており、自身で考えて行動します。災害前の『人工知能』が魔術的に発展した形とみてもよいでしょう。

 彼らの多くは自律していますが主を求めています。災害前の人形や道具としての意識が強く、自身を使ってくれることに喜びを感じています。

ただし捨てられたビスクドール、古くなって廃棄された工業機械など雑な扱いを受けた者達は往々にして怨念を持ちやすく妖魔と化してしまう者もいるようです。


●関連NPC

『機械仕掛けの街の菓子職人』エリック(機械人形/ゾロアスター教)

『茶飲みカラクリ』七島権兵衛(機械人形/神道・神楽)