●世界観背景

 大乗仏教の秘密教といわれる派閥です。この項目はその中でも日本密教を指します。
 密教は現世利益主義であり、儀式なども人間関係改善や病の回復など多岐にわたります。
 災害後は真言密教、台密(天台宗派密教)を総括。四道衆・密教課として日本を支えています。災害直前に多くの難民を迎え入れたことから、今でも「駆け込み寺」としての役割を担って一般人と良好な関係を築いています。
 災害後の主な役割としては寺を中心とした結界の維持、妖魔の討伐になります。


●関連NPC

大僧正・阿闍梨僧正(密教)