●世界観背景

 古代北欧のヴァイキング等が用いていた文字文化です。北欧神話の主神がその片目を犠牲に得た文字とされ、木や石に彫り込まれて実際の生活の中で用いられていました。ヴァイキング等の戦士は武器にこれらを掘ることで文字の力を得ると信じていました。

 災害後は魔術的才能の乏しい者でも妖魔を倒しうる武器が作れるとあって、世界中に広まっています。武器の多くが祓魔術による聖別か、ルーン文字による強化が施されているといっていいでしょう。


●関連NPC

『鉄人』ホーガン・ブルクハルト(ルーン魔術)

『船長』ダニエル・マーフィー(ルーン魔術/ウィッチクラフト)