●世界観背景

 最古と名高い宗教の1つです。拝火教とも呼ばれており、火を神聖視しています。司祭(マギ)がマジックの語源とも云われています。
  災害後は多くの失伝した儀式を復興、再編成しました。本来のゾロアスター教の儀式は、受動的な祓魔しかありません。しかし神話に登場する悪竜の襲来など度重なる妖魔の被害に能動的な祓魔儀式を産み出しました。聖火で敵を焼く、聖なる火で悪神の力を御して用いるなどです。原典主義の派閥はこれらは邪道として蔑視していますが、数多くの人々を護る一因にもなっています。

 荒廃のマギカ内においてはイランやインドで信奉されている。日夜寺院には火が焚かれており、ゾロアスター教を起源とする妖魔との苛烈な戦いが行われている。 

 

◎史実・文献補足

 紀元前6世紀から7世紀頃のペルシャで予言者ゾロアスターが開いた宗教。ゾロアスター教における祭司(マギ)からもわかる通り、魔術師の基とされている。

 ゾロアスター教は善悪二元論から構成されている。光、精神、善性を司る神と闇、肉体、悪性を司る神との対比があり、それらを超越した最高神アフラ・マズダーが主神とされる。ただし善性と悪性は対等でなく、善性の優位が説かれている。又、拝火教とも呼ばれる通り「火」を神聖視している。

 

●関連NPC

◎シャフルダード(ゾロアスター教)

 

❖初期取得オススメスキル

・悪龍アジダカーハ:ダメージ痛み分けスキル。反射無効のスキルもある中、このスキルは効果適用外のため牽制等に有用。

 

・アナーヒター(浄化):味方全体の状態異常を全て解除できる。消費も軽く、使いやすい。

 

・アシャ・ワヒシュタ(聖火):使う毎にダメージが増加する。長期戦になればなるほど超火力を与えられる。