●世界観背景

 古代イスラエルの王ソロモンが行使したとされる魔術です。惑星の力を宿した護符を操り、術者の様々な願いをかなえることができます。

又、ソロモン王の鍵の派生として5つの魔導書が存在します。下記のスキルはその中の1冊であり、有名な「ゲーティア」になります。

 災害後ソロモンの血筋を持つ者達が力を宿しました。最も、その数は膨大であり結社の中心を担っているのは血の濃い者達です。

 魔神の使役はごく一部の認められた者達が行えます。特性上、キリスト教圏との軋轢が絶えずありますが強力な力の庇護を求めて他の地域から一般人が移民してくることもあります。


●関連NPC

現代のソロモン王・アンブローズ(ソロモン王の鍵)

男装の麗鬼・カルミレ・スチュワート(ソロモン王の鍵/吸血鬼)