●不意打ち攻撃
 基本的に探索時のみ可能。ただし不意打ち攻撃が行えるかどうかは原則的にGMの判断に任せるものとする。

 GMから許可がでた場合、対象と『バトル』を可能。攻撃側となり、スキル宣言・判定を行える。

 判定方法は通常と同じ。処理については戦闘の流れを参照。

 

●隠密判定
 姿や存在感を隠蔽している状態。他者との対抗判定の際、判定結果+3の補正を受ける。
 この状態になるには

 ・汎用カテゴリ:隠形術などの通常魔術スキルを使用する。

 ・技能[隠密]を用いた目標値判定

 を行う必要がある。技能[隠密]を用いた目標値判定の場合は、GMが提示する目標値に成功できれば隠密状態となる。戦闘開始と同時に自動的に解除されるが、探索中については任意で継続可能。

 解除は自身で行うか、敵に隠密状態を見破るスキルを使用されるか、敵と技能[霊的技術]を用いた対抗判定を行うか(上記補正値は適用される)が挙げられる。